• 床に設置
  • 設備

ほかの場所も同時に作業

設備

床暖房を設置するためには、床暖房の種類によっては大掛かりなリフォーム作業が必用になってきます。
ですので、大掛かりな作業が必用になってくる床暖房を設置する場合は、床暖房の設置とは別の種類のリフォームも同時に行なうようにすると良いでしょう。

たとえば床暖房の設置と同時に行なうことが推奨されているリフォームにはどのような種類があるのかというと、まずは床板の張り替えです。 (さらに…)

温水式の設置

機器

現在人気の高い温水式の床暖房ですが、温水式の床暖房を設置するためには通常の床暖房の設置リフォーム以上に大掛かりな作業が必用になってきます。
通常の床暖房の場合は暖房機器を床下に設置して完了となりますが、温水式の場合は温水ポンプを床下一面に張り巡らせる必用があります。

温水ポンプを床一面に張り巡らせるためにはかなりの作業量が必用になってきます。 (さらに…)

ランニングコストを抑える

設備の一部

床暖房を設置するとなるとランニングコストが上がってしまう場合がありますが、ランニングコストを最低限に抑えることができる床暖房があります。
ランニングコストを最低限に抑えることができる床暖房の種類には、貯蓄式床暖房という種類があります。

貯蓄式床暖房とはどのような機能を備え付けているのかというと、熱を貯蓄することができるのです。
深夜電力は昼間の電力より安いことが特徴になります。その深夜電力を使用して就寝時に熱を蓄えておくことができます。 (さらに…)

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031